人気が高い作業服の特徴をチェックしよう

2020-06-10

動きやすくて機能性に優れた作業服は、スタッフの負担を軽くします。また、人気が高いデザインの作業服は、スタッフのモチベーションが上がります。職場で作業服を新調する予定があるなら、機能性やデザインを重視しましょう。

これから、スタッフの満足度が高くなる作業服の選び方について説明しますので参考にしてください。

『作業服に適した長袖シャツの選び方やお手入れの方法』

セパレートタイプの作業服

職場で作業服を新調する予定があるなら、種類について把握しておくことが大切です。セパレートタイプの作業服は、ジャンパーとパンツに分かれているところが大きな特徴です。セパレートタイプのメリットは、気温に合わせてジャンパーを脱ぎ着することができる点です。

特に、戸外で働く場合には、体温調節が大きなポイントになります。気温の変化に対応できるセパレートタイプの作業服は重宝します。温度差が激しい職場で働くなら、セパレートタイプの作業服を検討してみましょう。真夏は熱中症の予防にもつながります。

また、素材を工夫することによって、セパレートタイプのジャンパーは防寒具を兼ねることもできます。冬季用の作業服を新調する場合は、綿入りやデニムなど耐寒性に優れたジャンパーがおすすめです。防寒具を着用しなくても保温効果が高くなりますので、とても重宝されます。

尚、セパレートタイプの作業服を選ぶ時は、パンツの選択も重要です。カーゴパンツは肌に密着しないので快適に働けます。スラックスパンツは細身のシルエットに特徴があります。

ツナギタイプの作業服

ツナギタイプの作業服は、上下がつながっているところに特徴があります。ツナギタイプのメリットは、砂やホコリが衣服の中に侵入しにくいことです。また、腹部や腰を完全に覆っているために、火傷や怪我から体を守りやすいところもメリットの一つです。

汚れや危険を防止する効果が高いために、粉塵が舞い上がったり、火を取り扱ったりする職場で、ツナギタイプの作業服は重宝される傾向があります。ただし、脱ぎにくいというデメリットがありますので気をつけましょう。

楽に脱ぐことができるように、改良されたファスナーがついた作業服も販売されています。尚、ツナギタイプの作業服は熱がこもりやすいので、注意が必要です。夏期用の作業服を新調する場合には半袖がおすすめです。袖口が広くて、通気性に優れた素材ならば、夏でも快適な状態で働くことができます。

また、ウエストの部分にゴムが入っている作業服は、ベルトを装着する必要がありません。パーツが少なくて済むというメリットがあります。

人気が高い作業服のデザイン

優れたデザインの作業服を身につけると、スタッフのモチベーションが上がりやすくなります。まずは、作業服のカラーについて考慮することが大切です。汚れが目立ちにくいカラーにしたいなら、ブラックやブラウンが適しています。

エコのイメージを強調したい場合は、ブルーやグリーンの作業服が効果的です。女性向けの作業服として、レッドやオレンジなど明るいカラーを選ぶ企業もあります。企業のイメージにぴったり合うカラーを選択しましょう。

また、襟元や袖口のカラーを変えたり、ワンポイントのマークをつけたりすることも可能です。リバーシブルの作業服は、気分によってカラーを選べます。ウエストの絞り方やパンツのシルエットを工夫することによって、洗練されたデザインの作業服になります。

見た目に好影響を与えますので、スタッフから喜ばれます。作業服のサンプルをレンタルして、着心地を確認しましょう。尚、作業服のサイズは豊富ですから、大柄な方や小柄な方も安心して着用できます。サイズが細かく分かれているために、体型に合わなくて選べなくなる心配はありません。

動きやすくて、スタッフの体型にぴったり合うサイズの作業服を選びましょう。

とても重要な作業服の機能性

機能性の高い作業服を身につければ、スタッフは働きやすくなります。まずは、作業服の素材について考慮しましょう。ストレッチ素材の作業服は、伸び縮みするので動きやすくなるという特徴があります。体にかかる負担が減りますので、疲れが溜まりにくくなりますし、事故を防止することができます。

また、メッシュ素材の作業服は汗を蒸発しやすく、夏でも快適に働けます。洗濯した後に乾きやすいというメリットもありますので、夏期用の作業服におすすめです。作業服にポケットがついていると、工具などのアイテムを入れることができますから便利です。

胸やウエストのほかに、袖にもポケットがついている作業服もあります。さらに、作業服の内側にポケットがついていると、財布やスマホなどの貴重品を入れることができますので重宝します。ファスナー付きのポケットならば紛失を防げます。

尚、撥水加工や静電気予防の機能を備えた作業服も販売されていますから、チェックしてみましょう。職場で働くスタッフの安全を守れます。

作業服を申し込む場合のコツ

作業服を新調する予定があるなら、通信販売を利用しましょう。職場のパソコンから申し込むことができますので、店舗を訪れる手間を省けます。作業服の写真やサイズを比べられますから、利便性の高い購入方法です。しかも、大量に注文しても、職場まで届けてもらえます。

運搬の心配がありません。中には、無料で作業服を送ってくれる通信販売もありますからお得です。また、企業やスタッフのネーム入り刺繍を受け付けている通信販売もあります。企業のアピールにつながりますし、作業服の落とし物を予防できます。

尚、作業服に不備な点があった場合には、返品や交換を依頼することができます。作業服が届いたら、すぐに点検しましょう。実際に着用して、サイズが合うかどうか確かめることも大事です。もしも不備な点が見つかったら、ただちに連絡を入れましょう。

あらかじめ申し込みの期日を定めている通信販売は多いです。無料で返品や交換に対応していますので、早めに問い合わせることがポイントです。

スタッフが喜ぶ作業服を新調しよう

デザインが優れている上に、体型にぴったり合う作業服を身につけると、スタッフのモチベーションがアップします。着心地がいい作業服は動きやすいので、職場の事故防止につながります。作業服を新調する予定があるなら機能性も重視しましょう。

尚、通信販売を利用して作業服を購入することもできます。返品や交換にも対応していますので、検討してみてください。

参考リンク《ユニフォームタウン》https://www.l-m.co.jp/work/